西谷伝道所について

伊丹教会西谷伝道所(旧西谷聖書集会)の沿革

○1997年4月1日、伊丹教会はアメリカ合衆国長老教会派遣宣教師ウイリアム・モーア師と宣教協力関係を結んだ。

○同年12月20日より西谷聖書集会(月1回日曜午後)が、宝塚市北部西谷の近藤診療所(近藤長老 が同年6月に開院)を会場にウイリアム・モーア師の協力にて始められ、2003年9月より毎主日朝礼拝となる。

○2009年11月、西部中会第2回定期会にて伊丹教会所属西谷伝道所(現住陪餐会員16名)としての届出が承認された。

○2011年11月30日に西谷伝道所に新会堂が与えられた。

○同年12月11日(日)午後に献堂式とクリスマス・コンサートを開催した。禰津省一西部中会議長ほか多くの方々の御来席を賜り、祝福のうちに献堂礼拝を捧げた。
1階はバリアフリー、寒冷・防音対策を施して改築し、快適な礼拝環境を与えられています。2階は現状で使用し、日曜学校や絵画教室、宣教師執務室に使っています。今後地域により開かれた教会として新会堂が、御言葉宣教の拠点として用いられるよう願っている。

○2013年5月末をもってウイリアム・モーア宣教師夫妻は伊丹教会・西谷伝道所を辞職された。これまで長年のご奉仕に感謝します。同宣教師夫妻は今後アメリカ合衆国長老教会日本ミッションに働きの場を移される。

○2014年1月よりは伊丹教会協力牧師(西谷伝道所担当)として金田幸男前甲子園教会牧師が就任される。就職式は1月12日(日)午後2時、当西谷伝道所で行われる。
○新任牧師を迎えるに当たり2階の北3分の2を牧師館用にリフォ-ムし(2014年1月完成)、会堂北にも階段を増設した。

ニュース/お知らせのアーカイブ