2021年9月12日説教「種まきの譬え」寺川和宏神学生

CIMG7912.JPG210912_001(変換後)(変換後).mp3 ←ペースト&クリックしてリンクを新しいウインドウで開いて説教お聴きください
聖書:マタイ福音書13章1~9,18~23

「種を蒔く人」のたとえ
13:1
その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。
13:2
すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。
13:3 イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。
13:4 蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。
13:5
ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。
13:6
しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
13:7
ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。
13:8
ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。
13:9 耳のある者は聞きなさい。」
「種を蒔く人」のたとえの説明
13:18
「だから、種を蒔く人のたとえを聞きなさい。
13:19
だれでも御国の言葉を聞いて悟らなければ、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取る。道端に蒔かれたものとは、こういう人である。
13:20 石だらけの所に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて、すぐ喜んで受け入れるが、
13:21
自分には根がないので、しばらくは続いても、御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である。
13:22
茨の中に蒔かれたものとは、御言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。
13:23
良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人であり、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結ぶのである。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。